平成26年度 農林水産省補助事業において策定
標準商品規格書(SSSP/2014)に対応します

業界全体の業務効率化を推し進めるために
ぜひ、自社管理用の書式としてご活用ください!!

書式のサンプルをダウンロード

標準商品規格書(SSSP/2014)とは?

〔参考文献〕 加工食品の『標準商品規格書』ガイドライン(発行:「標準商品規格書とそのガイドラインの検討会」事務局)


標準商品規格書(SSSP/2014)

平成26年度農林水産省補助事業において、商品規格書に関して詳しい方々を検討委員(※)として招聘し、調査・協議の上、商品規格書の統一フォーマット「標準商品規格書(SSSP/2014)」を策定しました。

メーカー、卸売業、外食産業、小売業の意見を取り込んだ業界の統一フォーマットであり、様々な手段・媒体により使用されます。

策定に至る背景

外食卸への調査(2013年度実施)から、 商品規格書を要求していないユーザーが全体の取引先の96%、要求しているユーザー(4%のうち)でも書式を問わないとするユーザーが70%以上となっています。

今後増え行く商品規格書ニーズに対し、
「フォーマット、書式を問わない」
「現時点で商品規格書を要求していない」事業者向けに活用してもらいたいと考えます。

策定の目的

@外食・小売が消費者対応を実施するにあたり、業者間の商品情報流通整備を図るため。
A今後の規格書ニーズに対し、業界全体の規格書業務効率化を図るため。

督促業務の軽減
統一書式のため、確認業務の軽減

仲介業務の軽減

統一書式のため
作成業務の軽減

検討手順

充足された項目で
且つ、メーカーも含めて提供可能な「必要最低限の項目」の選定

メーカー、小売、外食産業へのヒアリング、アンケート調査を実施

海外事例の調査

セミナーなどで選定
された内容の妥当性の確認

1〜4を総合した
「標準商品規格書」の制定

維持管理および普及推進団体

標準商品規格書(SSSP/2014)の維持管理と普及推進はPITS(※)にて実施します。

※ 商品情報授受標準化会議(略称:PITS)(事務局:潟tァイネット)
商品に関する標準的な情報項目と授受方法の策定・普及を目的として、製配販31社が参加する会議体です。

PITSの詳細は以下URL(潟tァイネットホームページ)よりご確認ください
http://www.finet.co.jp/hyojyunka/index.html

商品規格書管理のための最適なソリューションを提供しております。