メーカー企業様 導入事例

取材日:2016年9月6日
お客様対応のスピードアップに加え、
営業用カタログ作成も時短。
質の高い時間の使い方が
企業の成長につながる。

株式会社パイオニア企画

創業 :1991年12月2日
代表者 :代表取締役 田崎久年
所在地 :神奈川県横浜市金沢区幸浦1-15-5
事業内容 :製パン材料、製菓材料、製菓機材の販売
企業サイト http://www.pioneer-kikaku.co.jp/ >この企業情報とニュースを見る

BtoBプラットフォーム 規格書 導入効果

checkbox

お客様からの信頼度アップに欠かせない、迅速な問合せ対応が可能に

checkbox

全商品の規格書情報を一元管理できるので、商品管理体制の強化に役立つ

checkbox

ボタン一つで質の高い提案資料が完成。資料作成時間が大幅短縮

スーパーや百貨店を通じて、製パン・製菓材料を販売する株式会社パイオニア企画。季節商品も多く、ファミリー層のユーザーが多いことから、商品に関するお問い合わせにスピーディーに対応すべく、「BtoBプラットフォーム 規格書」を導入。
規格書情報をもとに、商品カタログが作成できる点にもメリットを感じ、業務効率化に活用いただいております。導入のリーダーシップをとられたご担当者様にお話を伺いました。

BtoBプラットフォーム 規格書
お問い合わせ資料請求

スーパーでの買い物中にお問い合わせされるお客様もいる

弊社は製パン・製菓材料を仕入れて少量にリパックし、卸業者を通してスーパーなどで販売しています。主な購入者は一般消費者ですが、プロの方でも使える品質となっており、業務用として購入される方もいらっしゃいます。最近は、ホームベーカリーを持っている家庭が増えていますので、製パン材料に力を入れています。

商品アイテムは定番商品だけで約300種あり、季節商品なども含めると約500種にのぼります。国産の原材料を使った商品が人気で、「春よ恋」という国産小麦を100%使った製パン用強力粉や白神山地のブナの原生林で発見した製パン用酵母「白神こだま酵母」が人気です。

購入する方のほとんどは一般の消費者で、ファミリー層が多いこともあり、商品に関してお問い合わせをいただくことが多くあります。中には、スーパー内からお電話されるお客様もいらっしゃいます。商品関連で特に多いのはアレルギーに関連した内容で、表示に書かれている内容の確認はもちろん、「書かれていない成分について聞きたい」といったものもあります。また最近は、健康志向を反映してでしょうか、「糖質はどれくらい入っていますか?」といったものや、遺伝子組み換え食品を原料として使用しているか確認するお問い合わせなどもあり、内容は多岐に渡っています。

お問い合わせには、できるだけ迅速な対応をするのが弊社のルールであり方針になっています。クレームの場合、まずは状況をしっかり伺いますが、異物混入では原料を仕入れてから弊社の製造工場で製造し、店頭に並ぶまでのルートで混入の可能性のないものが入っていたというケースもあります。その際には、「可能性はありません」とお伝えします。回答は、早ければ早いほど信頼度が増し、お待たせすればするほど問題度が増しますので、対応マニュアルやフォーマットを作って対応しています。今後は「BtoBプラットフォーム 規格書」で商品情報のデータベース管理を行なうことにより、お問い合わせへの回答スピードが格段に上がると期待しています。

営業部 ご担当者様 人物画像

営業部 ご担当者様

まさに求めていたシステム。内容を知って身震いがした

営業部 ご担当者様が商品の前で座っている画像

「BtoBプラットフォーム 規格書」については、得意先へ規格書提出を行なう媒体として、以前から存在は知っていました。ただ、具体的な活用イメージができていなかったこともあり、社内活用を前向きに検討することはありませんでした。その一方で、自社工場が完成して売り上げが増加する中で、社内の商品管理体制を見直す時期だと感じており、商品規格に関する情報をまとめて管理する仕組みを構築しようと考えていました。当然、その時はエクセルを使って作るしかないと思っていました。

そんな時、インフォマートさんから「BtoBプラットフォーム 規格書・自社管理機能」の説明を受け、社内の規格書情報管理におけるメリットがイメージできたことで、すぐに導入したいと思いました。まさに、自分がやりたいことと合致しており身震いがしたほどです。説明を受けた後、社長を説得して契約に至りました。

現在は、商品規格書の登録も完了し、不足箇所のメンテナンスをしているところです。すべての情報が揃えば、素晴らしいものになると確信しています。「BtoBプラットフォーム 規格書」の導入をきっかけに、社内体制も変えていくつもりです。

営業用カタログもボタンひとつで作成できる魅力

製パン材料、製菓材料、製菓機材などの画像

他にも「BtoBプラットフォーム 規格書」に期待していることがあります。弊社には、私も含めて営業担当者は6名いますが、得意先へ提案するための数々の資料作成に時間をとられているのが現状です。「BtoBプラットフォーム 規格書」にはカタログ作成機能があり、ボタンひとつで規格書情報をもとに営業資料を作ることができます。提案に必要な商品をピックアップして並べ替えもできますので、大きな時間短縮になり、質の高い時間の使い方ができるようになります。弊社のような小さな会社では、これは大変重要なことです。

企業の中には、時間がない中で、新商品を出すことに力を入れているところが多くあります。しかし商品を販売する上で、基本となるのは、やはり「食の安心・安全を守ること、そしてお客様をお待たせしないこと」だと思っています。それを体現しているのがコンビニエンスストアや牛丼屋さんで、その対応は実にスピーディーです。また、スマートフォンは好きな時に知りたい情報をすぐに検索することができます。今は時間に対する考えはシビアで、これに対応することが非常に重要です。やるべきことをしっかり行なっていれば、お客様は自然に集まってくるはずです。基盤をしっかり作ってから新商品を投入すれば、ヒットにもつながります。そのためにも、「BtoBプラットフォーム 規格書」を最大限に活用し、今後は情報管理と営業ツール作成に無駄な時間をかけないよう、業務改善を進めていきたいと思っています。

自社の商品情報管理システムとして社内共有できる仕組みを
もっと詳しく知りたい方は