買い手企業様 導入事例

取材日:2016年9月2日
「規格書」は飲食業界の生命線。
データ化による分析力で
食材の安全衛生を徹底管理。

株式会社物語コーポレーション

設立 :1969年9月(創業1949年12月) 代表者 :代表取締役会長・CMO 小林佳雄
所在地 :愛知県豊橋市西磐田5-7-11
事業内容 :外食事業(焼肉、ラーメン及びお好み焼きレストランチェーン、和食店)の直営による経営と
フランチャイズチェーン展開
企業サイト http://www.monogatari.co.jp/

BtoBプラットフォーム 規格書 導入効果

checkbox

クレーム発生時、精度の高い規格書で原因究明が容易、且つスピーディーに

checkbox

仕入情報のDB化により、データに基づく安全管理が可能に

checkbox

蓄積した仕入情報は、アレルギー表示などメニュー管理にも役立つ

直営200店舗、フランチャイズ180店舗を全都道府県に展開する株式会社物語コーポレーション。2012年には中国・上海にも進出を果たし、その勢いは海外にまで及んでいます。約400店舗規模の飲食店経営において、企業スケールが大きくなるほど、食の安全・安心に対するリスクは高まるばかりという同社に、食の安全管理を踏まえた「BtoBプラットフォーム 規格書」の活用方法などを伺いました。

BtoBプラットフォーム 規格書
お問い合わせ資料請求

店舗の衛生管理だけでなく、食材の安全管理も自分達で

弊社は、「焼肉一番カルビ」「丸源ラーメン」「お好み焼本舗」「寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵」「熟成焼肉 肉源」等、焼肉、ラーメン、お好み焼きレストランチェーン、和食店といった多彩な外食事業を直営およびフランチャイズチェーンにて国内外で展開しています。

約400店舗を運営するにあたり、徹底しているのは店舗の衛生管理面。お客様の楽しいひとときを損なうような事態を一つでも減らすべく、文書やビデオでの衛生マニュアル、さらにはメールやWeb上の掲示板に注意喚起事項を発信して情報を共有し、少しでも店舗内での事故が起きないよう、日々努力しています。

しかし、食の安全は店舗内だけでは守れません。仕入れる食材に対してもしっかり安全性を確認していかなければ、未然に事故を防ぐことは不可能です。そこで、私たち業態開発本部 購買部で仕入れた食材についても情報管理しています。

その貴重な情報源となるのが、「規格書」です。当社ではこれまで、必要な時には食材の卸をお願いしている問屋さんに規格書作成を依頼し、提出してもらっていました。つまり、問屋さんが作成した規格書を閲覧するだけという体制だったのです。

しかし、2014年に起こった大手ファーストフード店の異物混入事件以来、お客様からのクレームを含めたお問い合わせが殺到するという事態に直面し、その体制を大きく変えることとなりました。事件の影響で変化した消費者意識はもちろん、私達自身、食材の衛生などに関して当事者意識が薄かったということに気がついたのです。

食材の安全は会社の生命線。「何かあった時、自分達ですぐに情報確認できる体制にしなければ。それならば、問屋さんが運用しているシステムをそのまま自社で管理できるようにしよう」。こうしてインフォマートさんの『BtoBプラットフォーム 規格書』を、自社運用する事になったのです。

購買部 ご担当者様
人物画像

購買部 ご担当者様

購買部 ご担当者様
人物画像

購買部 ご担当者様

仕入商品の規格書を早く、正確に回収・管理できる仕組みを
もっと詳しく知りたい方は