買い手企業様 導入事例

取材日:2016年8月26日
安全衛生はお客様とのお約束。
法令を守るだけでなく、食を提供する
責任のレベルアップを目指すために
規格書の整備は不可欠です。

株式会社ヴィア・ホールディングス

設立 :1948年2月26日 代表者 :代表取締役社長 大場 典彦
所在地 :東京都文京区関口1-43-5 新目白ビル4F
事業内容 :飲食業のフランチャイズ展開

BtoBプラットフォーム 規格書 導入効果

checkbox

購買商品の情報が整備され、サービス対応や品質責任の意識が向上

checkbox

「100%規格書回収」そんな当社の目標を達成する切り札に

checkbox

速やかな情報提供が可能になり、お客様との信頼関係継続に貢献

創業は印刷業という異色の株式会社ヴィア・ホールディングスは、外食を中心に拡大し、「扇屋」「一丁」「いちげん」「紅とん」「パステルイタリアーナ」など、24ブランドの飲食店を全国に展開する外食チェーンです。業態の多様化が進む中、さらなる成長を考えたとき、全ブランドの安全・安心を統括する仕組みのひとつとして「BtoBプラットフォーム 規格書」を導入していただきました。

BtoBプラットフォーム 規格書
お問い合わせ資料請求

ブランドの良さを残しつつ、業務の標準化を目指す

ヴィア・ホールディングスは、24ブランドを展開する外食チェーンですが、すべてM&Aで拡大してきたという特徴があります。そして、仕入先となる問屋や購買の仕組みは、それぞれのブランドがM&A以前から採用している手法をベースに行っていました。これは「自分たちが責任をもってオリジナリティを出していく」というポリシーがあるためです。

例えば、「魚や一丁」と「いちげん」で出すマグロは、あきらかにアイデンティティー(食材選択の主旨)が違います。「魚や一丁」は"刺身居酒屋"と謳っているくらいですから、お客様は一定水準以上の品質を期待するでしょう。一方、「いちげん」は刺身の他に餃子やピザもある業態です。マグロが共通品目だからといって、これを企業体のコスト重視で仕入れをまとめてしまうと、各ブランドが求める「中間の品質のもので良いじゃないか」となってしまいます。確かにコストは削減できるかもしれませんが、これは必ずしも正解ではありません。そのため、仕入れ品目の増加によるコストアップというデメリットを覚悟で、ブランドのコンセプトを活かす購買を優先してきました。

しかし3年ほど前から、全ブランドの業務に横串をさす、つまり標準化できる業務の整備が必要だと感じるようになってきました。弊社では、「ダイナミックチャレンジ500」という中期経営計画を立て、売り上げは500億円、店舗数は1,000店舗を目指しています。これを達成するために、サービス面では、これまで以上に各業態の特徴を磨いていきたいと思います。これに対してバックヤードでは、徹底した品質管理をロジックで固めることで各ブランドの個性は残しつつ業務を標準化する精度を向上させています。

ご担当者様

ご担当者様

ご担当者様

ご担当者様

仕入商品の規格書を早く、正確に回収・管理できる仕組みを
もっと詳しく知りたい方は

ページトップへ