「食の安心・安全」のための機能

BtoBプラットフォーム 規格書+アレルギーチェック補助機能

アレルギー情報はメーカーから情報提供されます。数多くの仕入れ商品の中で、わずかでも「規格書」に間違いがあった場合、消費者がアレルギーの症状が出ることがあります。状況によっては命に関わることもあり、このような事故を防ぐために、アレルギーチェック機能は欠かせないものとなっています。※『アレルギーチェック補助機能』は『BtoBプラットフォーム 規格書』買い手機能のオプションです。

今すぐ資料ダウンロード

アレルギー症状の例

  • 充血・かゆみ・むくみ
  • 唇や舌がはれる・
    喉のかゆみ
  • おなか
    痛い・気持ち悪い
    吐く・下痢
  • くしゃみ・鼻水
    鼻づまり・せき・呼吸困難
  • 皮膚
    かゆみ・じんましん
    むくみ・赤み・湿疹
  • その他
    元気がない・ぐったりする

アレルギーの原因となる主な食物の例

  • そば
  • 落花生
  • 小麦
  • 牛乳
  • かに
  • えび

これらの食物は、アレルギーを引き起こしやすいとされており、「特定原材料」とされています。これらを含む加工食品は法令で表示が義務づけられています。
また、「特定原材料に準ずるもの」として可能な限り表示することが推奨される食物もあります。

アレルギー転記ミスを減らすために実施すべきこと

  • 1メーカーにおける体制強化の要請
  • 2買い手における専任担当配置による体制強化
  • 3第三者認証によるチェック体制強化

業界全体でアレルギー転記ミスのチェックを強化できるのが
この「アレルギーチェック補助機能」です!

アレルギーチェック補助機能とは?

本機能は、インフォマート独自のプログラムにて、一括表示原材料より読み取れるアレルギー判定を行い、登録アレルギーとの比較チェックを行うものです。チェック結果として、アレルギー不足の可能性に対し、注意喚起を行うサービスとなります。

アレルギー物質を含む原材料が記載されているが、
アレルギー登録されていない可能性がある規格書を抽出!

※アレルギーチェック補助機能のインフォマート独自のプログラムは、一般名称ならびに代替品名称等に基づく、アレルギー判定を行うものです。

※一般名称、添加物等の由来原料によるアレルギー判定の場合は、チェック対象外となります。

※一括表示の記載が不正なものは、アレルギー判定ができないことがあります。

※アレルギーチェック補助機能は、次ページの手順にて、アレルギー情報の登録漏れをチェックするためのものであり、規格書登録者の
アレルギー情報を否定・保証するものではありません。

今すぐ資料ダウンロード